無料ブログはココログ

島旅

2015年9月28日 (月)

久しぶりに原付バイクで淡路島

明石から淡路島を結ぶたこフェリーがなくなってから五年。
やっと原付バイクで淡路島に渡る事が出来るようになった。
そうは言っても最大が8台なので平日以外は厳しそうな予感。

お昼過ぎの便に乗ったので原付バイクは淡路島から明石にお買い物に来た帰りだというおじさんと2台だけ。

神戸ナンバーだけど何しに行くの?

淡路島をちょっとウロウロするだけhappy01


1443444475971.jpg

まだまだ暑いなぁsun

お腹が減って生シラス丼を食べたり


1443444476798.jpg


海岸沿いを走ったり。高い所から海を見てみたり。


1443444477874.jpg

たまにはいいなぁ~。


2015年3月 2日 (月)

意外にも肌寒い島へ

日本本土から約南へ1300キロ。
きっとまだ暑くてたまらないはずだと思っていたら意外にも朝晩は寒い。
無理して半袖を着ていたら風邪をひいてしまいそう。














それでも島の所々で咲くハイビスカス。






取り残された輸送機。
きっとこのまま少しずつ形が無くなっていくんだろうなぁ。


2014年12月 1日 (月)

あれはなんだ?

怒和島から見た津和地島。





雲行き怪しくなってきた。
怒和と津和地の間に謎の船、潜水艦?が進む。





なんだろうな。

ふくみ旅館さんがくれたみかん、とっても甘かったhappy01
高浜から興居島に渡り、泊港からすぐの小富士に登ろうかと思ったけど本降りになってきたのであきらめるrain

生協が近くにあるらしいので行ってみたら日曜日は定休日だったcoldsweats02
戻るとしましょうか。

2014年11月30日 (日)

宿からの眺め

目が覚めると目の前の海がぼんやり赤くなってるsun






このあと陽がのぼってきた。
たくさんの心遣いありがとう。
ふくみ旅館さん。





また島へ島へと渡ります。

ご飯くれと迫ってくる島猫cat








瀬戸内の島 貝殻

島から島、また島へと移動。
海の駅という切符販売所にレンタサイクルが置いてあったので早速電話mobilephone

そこに自転車あるでしょー乗って行ってーとな。
明日の船の切符を買うときに精算で良いらしい。
久しぶりのてーげーsmile

島は一周約7キロ。
ゆっくりのんびり。





陽が傾くのが早いなぁ。






降りられる小さな浜を発見smile
これはやらねばならない、貝拾い。
瀬戸内は色味の暗い貝殻が多いと勝手に思っていたけど、実際は違った。




いやぁ、負けてませんよ。

2014年11月29日 (土)

野忽那島 皿山展望台




目の前の急な階段。
生い茂る草。
通せんぼする女郎蜘蛛coldsweats02
枝を振り回しながら登った展望台。

晴れてなくとも眺め良しsmile






反対側はもう広島県の島が見えている。





展望台の後ろにあったもの。
なんだろう。


2014年11月28日 (金)

みかんをもらった島





出発して30分。目的の島に到着yacht

島は今ちょうどみかんや伊予柑の出荷作業中らしく何度もそれらしい車とすれ違う。

てくてくてくてく。

集落でこんにちはと挨拶するとみかん持っていかないっておばあが声をかけてくれた。

松山から来たと思っていたみたいだけど兵庫県というとちょっと驚いてたhappy01
それじゃもっと持っていきなさいっておばあが選んでくれたみかんはとても甘かったclover

いや、嬉しいなぁ。





2014年11月 5日 (水)

行ってきた。

台風の影響もあって雨も多かったが、まだまだ夏の日差し。

黙々と作業をこなし、時間があれば島を歩かせてもらった。





島を歩く遺族の方の後ろ姿はまるで当時に戻ったような錯覚をはたらく。
一歩一歩しっかり。

願いを込めて。



2014年9月21日 (日)

島へ

子供達と島へ行って来た。
この島は無人島。
施設は整ってるけど一泊はテント泊。

カヤックやカヌー、釣りに磯観察happy01
亀の手や傘貝を取って味噌汁に入れてたnote

浜では珍しいネズミの手という貝殻が落ちていたclover
海好きにはたまらない島だなー。









2014年7月14日 (月)

あちちちち〜波照間島

日差しが強くて毎日どうやって日焼けしないかを考えるsuncapricornus




順光のニシ浜ビーチfish





暑さに負けないサトウキビ。






ペムチ浜。どう見ても泳いではいけないng

より以前の記事一覧